トップに戻る

  • ホーム /
  • 新卒社員に聞く!第2回 K.Eさん

新卒社員に聞く!第2回 K.Eさん

2018年度の新卒採用として就職活動をする学生の皆様へ、少しでも当社のことを知ってもらうべく、「新卒社員に聞く!」と題し、当社へ今年2017年に入社した新卒者のインタビューをシリーズ掲載いたします。

第2回となる今回は、女性として不動産コンサルタントを目指しベルテックスへ入社したK.Eさんへ話を聞きました。

shinsotsu02c

【新卒入社 第3期生】K.E/東京都出身
女性も男性も平等に評価される仕事を求め、就職先として営業職を希望。短大卒業後、男性と対等な立場での活躍を胸に抱き2017年4月、新卒としてベルテックスへ入社。

ヘッドライン

  • Q1.就活中、なぜベルテックスへ応募したのですか?
  • Q2.会社説明会でのベルテックスの印象はどうでしたか?
  • Q3.ベルテックスへの入社の決め手は何ですか?
  • Q4.仕事を始め、やりがいはどんなところに感じますか?
  • Q5.ベルテックスへ入社し学べたことは何ですか?
  • Q6.同期入社のメンバーはどんな印象ですか?
  • Q7.現在、あなたが理想とする将来像を教えてください。
  • Q8.今後、ベルテックスで何を成し遂げたいですか?
  • Q9.現在、就活する学生へアドバイスをお願いします。
  • Q10.最後に就活学生へ、ベルテックスをPRしてください!

Q1.就活中、なぜベルテックスへ応募したのですか?

はい、わたしがベルテックスへ応募したのは、営業という仕事に就きたかったからです。

営業は数字という明確な結果で、それこそ女性も男性も対等に評価されます。

わたしは学生時代、飲食店でアルバイトをしていたのですが、その職場では「女性はホールのみ」というように女性だからと業務が分けられていて、それがとても嫌でした。

何故ならわたしは仕事で携わる以上、そこで必要な業務を全て知りたいからです。

わたしは女性として男女同じ立場で仕事ができ、かつ自分の努力、やってきたことが結果に反映する仕事がしたかったので、就職活動の時はそんな業界を就職先の候補と決めて会社説明会へ参加しました。

そんな時にベルテックスと出会い、女性でも活躍できる社風に強く惹かれ、応募させていただきました。

Q2.会社説明会でのベルテックスの印象はどうでしたか?

会社説明会へ参加した印象は「とても共感できる!」です。

わたしが参加したのは7月前半に開催された会社説明会ですが、その時、たまたま梶尾社長がいらっしゃってお話する機会をいただけたのです。

企業のトップである梶尾社長自らが会社説明会へ顔を出していただけたことも嬉しかったですが、そこで「誰かが居ての仕事、自分だけでは仕事にならない。だから金持ちより、人持ちになってほしい」というお話や、「仕事として取り組む上では男性も女性も関係ない。情熱をもって全力で取り組んでほしい」というお話をうかがい、なんて熱い方なんだろう、わたしが目指している姿そのものだ!と思いました。

今でも「仕事として取り組む上では男性も女性も関係ない。」という言葉に、強く共感を抱いたのを覚えています。

わたしはネガティブな人よりもポジティブな人、冷めた人よりも熱い人に憧れますので、梶尾社長はまさにそんなわたしの理想の姿だったのです。

Q3.ベルテックスへの入社の決め手は何ですか?

先ほどもお話しましたが、梶尾社長やベルテックスで働く方の下で仕事ができれば、自分の成長につながると思ったからです。

ベルテックスから内定をいただいた時、他社からも内定をもらっていたのですが、梶尾社長を始め、面接をおこなっていただけた先輩社員の方々が、わたしの不安な気持ちや質問に対し真摯に受け答えしてくれて、こんな方たちと仕事できるなら私も自分が理想とする姿へ進んでいけると思えたのが大きかったです。

Q4.仕事を始め、やりがいはどんなところに感じますか?

わたしは今、不動産投資へ興味を抱かれている方のアポイントを獲得する業務に携わっていますが、お客様が興味深くわたしの話を聞いてくれた時にやりがいを感じます。

例えばヒアリング手法、ニーズ掛け話法、プレゼン力などお客様との会話の中で日々、自分の成長を実感できていることが嬉しいです。

また不動産投資は、一見すると難しそうな話に思われがちですが、ベルテックスはお客様に易しく伝えられるようアプローチブックやトークスクリプトなど各種マニュアルが充実しています。さらに先輩から直接、やさしく丁寧に、根気強く教えていただけるので、わたしのように不動産の知識がなくとも、すんなりと業界へ馴染めるのはスゴイと感じました。

確かにアポイントの獲得は想像していた以上に大変な部分もありますが、わたしの直属の上司であるS係長から「新卒の中で一番にさせるからな!」と鼓舞いただけたのには感動しましたし、先輩が全力でサポートしてくれるから安心して仕事ができる、これはとても大事だと思います。

Q5.ベルテックスへ入社し学べたことは何ですか?

はい、今、お客様へのプレゼン力は、入社前と比べ格段に上がったと思います。

それまで相手へ「伝える」というのは話をすることだと思っていましたが、ビジネスの現場では単に話をするのではなく、如何にして自分が伝えたいことをお客様に理解してもらい納得してもらえるか?そこが大事で、全てなんだということに気づかされました。

お客様も暇ではないですから、自分が話を聞くべき価値のある内容かどうか?常に会話の中で判断しているものですし、私自身、お客様の立場であったらそうすると思います。

会話の構成などの基本的な部分から、ヒアリング力、提案力、論拠や根拠、そしてクロージング力など先輩社員の背中を見ながら実践で学べるのは、学生時代には無いことだと思います。

またお客様に対して客観的な論拠として使っている不動産投資AIシミュレーターは、わたし自身も「そうなんだ!」という気付きがあり、毎回、使うのが楽しいですね。

Q6.同期入社のメンバーはどんな印象ですか?

わたし自身も含めてそうですが、個性的なメンバーがそろっていると思います。
例えば音楽の好みひとつとっても、洋楽からダンスミュージック、J-POPなどさまざまで、性格もイケイケタイプから聞き役タイプまで「同じ人はいない!」というくらい個性的なメンバーです。

ちなみにわたしは三代目 J Soul Brothersが大好きで、事業部の食事会などでは彦坂取締役と一緒に熱唱させていただいています(笑)

ひとつ共通しているのは、みんなとてもポジティブで成長意欲が高いこと。
だからみんなで同じ前に向かって進んでいけているのだと思います。

Q7.現在、あなたが理想とする仕事像を教えてください。

男性・女性関係なく対等な立場で話せるコンサルタントになっていきたいです。

元々、人と関わっていくのが好きですし、ちゃんと人と関わりたいと思っているからこそ「女性の壁」を感じさせず、逆に「女性ならでは」の仕事をして参りたいと考えています。

Q8.今後、ベルテックスで何を成し遂げたいですか?

そうですね、ベルテックスでの夢は「女性だけのコンサルタントチーム」を作ることです。
ベルテックスは内勤女性の割合が約50%と不動産業界の中でも高い方だと思いますし、女性の管理職も多いのが特長です。

不動産投資という男性が活躍している業界だからこそ、コンサルタントのチームでも女性が活躍できる場を作り上げ、女性でもここまでできるんだ!という結果を見せられればうれしいですね。

Q9.現在、就活する学生へアドバイスをお願いします。

何事もあきらめないで取り組んでほしいと思います。

最初から「自分には無理だ」「自分には向いていない」「自分にはできそうにない」と可能性を否定せずに、その業界、職種の良いところを見つめるような就職活動をしてほしいです。

わたしたちのような女性は「女性だから」と言い訳をしてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

あきらめずに目標に向かって全力で走ってもらいたいですね。

Q10.最後に就活学生へ、ベルテックスをPRしてください!

はい!
ベルテックスでは女性の先輩社員が数多く働いていますし、結果を出せば女性でもしっかりと評価してくれる環境があります。

またわたしが所属するアセットコンサルティング事業部では、あえて5名前後の少人数チーム制を敷いていて、聞きたいことや、わからないことはすぐに解決し改善できる体制で、さらにそれでも難しい問題は、梶尾社長へ相談することもできるなど風通しが抜群に良いです。

自分を伸ばしていきたい、叶えたい夢がある、認められたい。
わたしもそんな想いを胸に抱き、今年ベルテックスへ入社しました。

あなたも是非ベルテックスでわたしと一緒に働きましょう!

このページをご覧の学生さんへ


 もっと学びたい!
 誰にも負けたくない!
 野心を叶えたい!
 人生を変えたい!
 稼ぎたい!
 バリバリのキャリアウーマンになりたい!

そんな意欲溢れる挑戦者、求む!!!

ベルテックスでは成長意欲ある方を求めています!
あなたも会社説明会で、設立6年で成長率1,150%超え、超急成長ベンチャーのベルテックスを体感しに来てください!

このインタビューを読んで共感した方、トリハダが立った方、ドキドキわくわくした方、今すぐ下のマイナビ会社説明会エントリーボタンをクリックしてくださいね♪

buttonS